« 狩り狩り | トップページ | 覇 »

2008年6月13日 (金)

無題

武当の狩りが案外調子良い泡です(何か文法おかしいな)。

白髪武士で職2 5Tか6T。
DPはあまり出ませんがサソリのDP自体が少ないので(除活力檀)、案外いけるもんだと実感。ただ結構混雑してるのであんまり行きたくありません・・・フィールドだと沸きスポットが曖昧なので悪意のないループ被りも起こりますしね。明かな定点ループしかやる気になれませんが、そう言うところは大抵先着さんがいたりするわけでして。

実験的育成として
「一代の間はA値を頑張って抑える」
をやってみようと思っています。低い敏捷値をメリットとして生かす方法の一つです。
仮に熟500なんかで萬人になれば、君臨まで行くのはあっという間の事でしょう。この育成方法でネックとなる低耐性・敏捷を君臨地下で力ずくに伸ばそうという、まー昔っから色んな人(特に敏捷の低い早期転生の方々)がやってる方法です。

コンセプト上の問題として、一代の間は地下練武NGということです。つまり名声を上げるのが面倒なくせにA値抑制の為には高い名声も要求されます。
熟練を抑えながら狩りで名声を上げなければならないわけですので、考えただけでも寒気がするような茨の道ですが、力上げはかなりのスピードでやってけるようです。

まーデメリットのない育成ってのも無いですしね、一番良いのはテキトーにやることかも知れません。。。w

« 狩り狩り | トップページ | 覇 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/359875/21593998

この記事へのトラックバック一覧です: 無題:

« 狩り狩り | トップページ | 覇 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ